健康づくり健康保険組合のご案内健康保険ガイドこんなとき届け出申請書一覧けんぽQ & A介護保険
お知らせ
 
トップページ > お知らせ一覧 > 社会保険の適用拡大と被扶養者の認定条件の一部改正
2016年10月03日
社会保険の適用拡大と被扶養者の認定条件の一部改正

①社会保険の適用拡大

平成28年10月1日から社会保険(健康保険・厚生年金)の適用基準が変更されます。

パート等の非正規労働者の方も、一定の条件を満たしていれば、勤務先で社会保険の資格を取得する
事になります。

現在、収入が基準内であり当組合の被扶養者として認定されている方であっても、勤務先で健康保険
の資格を取得し、被保険者となった場合は、被扶養者の廃止手続きを行ってください。


〔社会保険の適用基準〕

改正前   週30時間以上(労働時間・日数が一般社員の4分の3以上)

 ↓

改正後   週20時間以上、月額賃金8.8万円(年収106万円)以上、勤務期間1年以上の全て
      を満たした場合。
       ※ただし、学生は適用除外、従業員501人以上の事業者が対象。

 

②被扶養者の認定条件の一部改正

これまで被保険者の兄姉を被扶養者に認定する場合、同居が条件でしたが、平成28年10月1日からは、
別居でも生計維持関係が証明されれば、被扶養者として認定できることになりました。

 
ジーエス・ユアサ健康保険組合